悩める心に

作詞:文鮮明先生

1.
暗き力がわれを襲い
思い乱るる弱きわれ
おのが思いのみわずらいて
罪はわが身に生まれ出(い)ずる
罪はわが身に生まれ出(い)ずる

2.
訪ねしわが主のみ声聞けず
無知なるわれはかたくなに
おのが喜びに歩みしに
主は泣き十字架に帰りたもう
主は泣き十字架に帰りたもう

3.
長き闇世を救わんため
険しき荒れ野を歩みつつ
死すべきわれらを訪ねたもう
わが主の恵みにいかにこたえん
わが主の恵みにいかにこたえん

4.
栄えの君にまみえんと
罪のこの世と闘いて
苦しみあえぎつ歩みきた
わが身に主は今語りたもう
わが身に主は今語りたもう

5.
栄えのこの日を讃(ほ)め歌わん
永世極楽四方(よも)に満ち
罪とが深きこの身にも
新たなる生命(いのち)みなぎれり
新たなる生命みなぎれり

6.
おおわが新婦よ来たりしか
岩山(いわやま)荒れ野にわれを訪ね
苦しみ耐えきし汝(な)が姿
この日を願いて耐えきしか
この日を願いて耐えきしか

7.
いざいざ来たりてともに讃(たた)えん
汝(な)がため備えしこの日まで
秘めきし宝たえなる愛
汝がため備えし真(まこと)の愛
汝がため備えし真の愛