光は東より

1.
光は東(あずま)より輝(かがや)きて
光の子たちが住める園(その)
山青く清(きよ)き選ばれし国
雄々(おお)しき民(たみ)は定められし民
力のもとなる神の愛を受け
今ぞわれら眉(まゆ)を上げ
歓喜(かんき)の道をいざ行かん

2.
正義(せいぎ)は東より燃え上がり
真(まこと)の子たちが住める園
真理を求む地は神を愛する地
忠誠(ちゅうせい)の民は誉(ほまれ)高き民
力のもとなる神の愛を受け
今ぞわれら胸を張り
愛なる御国(みくに)へいざ行かん

3.
愛は東より芽生(めば)え来て
清(きよ)らなる子たちが住める園
仇(あだ)を受ける地は御旨(みむね)なす国
耐(た)え忍(しの)ぶ民は主にまみえる民
力のもとなる神の愛を受け
今ぞわれら肩を組み
生命(いのち)の道をいざ行かん

4.
勝利は東より成(な)され来て
誉の子たちが住める園
日のもとの国は勝利の国
戦いし民は栄光の民
力のもとなる神の愛を受け
今ぞわれら旗かざし
新しき道をいざ行かん

5.
栄(さか)えは東よりひらけ来て
十字架を負うものの住める園
朝日(あさひ)が昇るこの主の御国
桜咲く地は永久(とわ)の国
力のもとなる神の愛を受け
今ぞわれらとく集(つど)い
不滅(ふめつ)の道をいざ行かん