主は来たる

1.
主は来たる 主は来たる
日(ひ)出(い)ずる東方(あずま)の、光るこの地に
民を治(おさ)め、御旨(みむね)広めて
父の右にて、わが主来たる
この地すべて主仰(あお)ぎ、踊り歌うよ
ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ、
アーメン

2.
主は来たる 主は来たる
白い御国(みくに)の花のこの地に
罪を押しのけ御国と成(な)し
神の御旨で、王の王来たる
この地すべて主仰(あお)ぎ、踊り歌うよ
ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ、
アーメン

3.
主は来たる 主は来たる
山も水も宝多い地に
幸(さち)となし、誉(ほま)れ讃(たた)え
父の代(かわ)りに、救世主(きゅうせいしゅ)来たる
この地すべて主仰(あお)ぎ、踊り歌うよ
ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ、
アーメン