神ともに居まして

1.
神ともに居まして 行く道を守り
天の御糧もて 力を与えませ
また会う日まで また会う日まで
神の守り汝が身を離れざれ

2.
荒れ野を行くときも 嵐吹くときも
行く手を示して 絶えず導きませ
また会う日まで また会う日まで
神の守り汝が身を離れざれ

3.
御門に入る日まで 慈しみ広き
御翼の陰に 絶えず育みませ
また会う日まで また会う日まで
神の守り汝が身を離れざれ